必見!インストラクターの裏話

インストラクターにまつわるアレコレまとめました。

セミプロ以上の実力が必要

スキー場では、初心者にインストラクターが指導をしていることがあります。こうした人たちは多くがアルバイトとして雇われていて、基本的にはそのシーズンだけの契約になっていることが多いです。

インストラクターの仕事は非常にかっこよく見え、憧れる人もたくさん出てくるのですが、なろうと思ってなれるものではありません。どんなジャンルでもそうなのですが、インストラクターになるためにはセミプロレベルの実力がないといけません。レベルが高くないと他人に教えることもできませんし、最悪の場合には事故を起こしてしまうことにもなりかねないからです。完全に任せておいて安心できるぐらい高度なスキルを持っている人でなくては務まらない仕事だと言えます。スキー場によっては、プロのスキーヤーの人が上級者を相手に指導を行うケースもあります。指導料は非常に高く、したがって彼らの給料も高いのが普通です。好きなことをしながら高い給料がもらえるので、技術さえあればまさに天職になることでしょう。

日本ではスキーを始め、スキューバダイビング、ロッククライミングなどでこうしたアルバイトが大活躍しています。仕事をしながら練習もできるので、さらに技術をアップさせたいときには便利です。こういった仕事をしながらアマからプロへ転身を狙っている人もたくさんいます。女性でもヨガの講師などにはなることができるでしょう。自分の好きなことで食べていけるやりがいある仕事だと言えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です